Nao_uの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-15

[][][]ファイナルファンタジー5 アドバンス ファイナルファンタジー5 アドバンス - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファイナルファンタジー5 アドバンス - Nao_uの日記 ファイナルファンタジー5 アドバンス - Nao_uの日記 のブックマークコメント

買わずに済ませたかったけれど、やっぱり買ってしまった。


FFのなかでは5が一番思い入れが深い。

中学生の頃に後輩から「FF5はレベル6でクリアできるらしい」という噂話を聞いたとき、そんなことができるとは全く信じられずに「そんなの無理だろう。ウソかインチキじゃない?」というような事を言ってしまった記憶がある。

しかし、高校生になってから古本屋で偶然手に取ったファミ通に、FF5をレベル6でクリアするというやりこみ記事が載っているのを見つけてしまった。中学の頃に後輩をウソツキ呼ばわりしてしまったという後悔の念もあって、自分で実際にどこまでできるのかを試してみたくなり、FF5の低レベル攻略を始めることにした。


当時は今のようにネットが普及していなかったので、情報源は借り物のNTT出版が出していた攻略本2冊のみ。ボスの属性や弱点、各種の武器や魔法の特性表などを目を皿のようにして眺めたり暗記したりしながらどうやればレベルの低い状態でボスを倒せるかを考え、試行錯誤の末に平均レベル12の状態でクリアすることができた。


それからさらに数年が過ぎた専門学校の頃、ふとしたきっかけでまたFF5が遊びたくなり、前回の経験を踏まえて無駄な戦闘を可能な限り排除し、当時の自分の理論上の限界と思われたレベル6クリアと、そのレベルでの神龍+オメガ撃退に成功した。その後、他に何回かジョブ制限プレイなども行い、FF5でできることはほぼやりつくしただろう、と思えるくらいには遊んだつもりだった。




数年前に、FF5の極限低レベルクリアについて研究しているホームページを見つけた。そのページには、自力では到底見つけられなかったさまざまなテクニックが書かれていた。


例えば、FF5はほぼ全てのボス敵から経験値を貰わない仕様となっているため、低レベルクリア挑戦時にはほとんどレベルが上がることなく進めるように作られているのだけど、ビッグブリッジでの戦いなど、ごく一部のイベントで強制戦闘になってしまう雑魚敵がいて、そのような敵からは普通に戦うとどうやっても経験値をもらってレベルが上がってしまう。昔、自力でプレイしていたときにも何か対処法はないかといろいろ探してみたものの見つからず、こういった場所でレベルが上がってしまうのは回避不能なものだと思っていた。


しかし、そのような雑魚敵も、第一世界のウォルス城の地下にいる「ガルキマセラ」というモンスターを魔物使いの「とらえる」で捕らえて放つことで使える「死の宣告」で倒せば、経験値をもらうことなく強制戦闘を潜り抜けられるらしい。ガルキマセラはかなり厄介なモンスターなので、こいつを低レベルパーティーで捕らえるためには、バックアタック回避のためにシーフをパーティに入れた上で、カウンター封じのために相手の行動よりも早く「あやつる」必要があったり、さらに弱らせるために別のモンスターを捕らえておいて放つ必要があったりと、一筋縄ではいかない手順が必要になる。ビッグブリッジでの経験値増加を回避するには、それを人数分、あらかじめ最初の世界をクリアする前に用意しておかなくてはいけない。こんなやり方があると最初に気づいた人は本当にスゴイ、と思う。


いろいろなページを見ていると、そのガルキマセラの捕らえ方もたくさんの人が試行錯誤して、少しづつ改善されながら最終的に比較的安定して捉えられる方法が編み出されたようだ。FF5はアビリティやアイテムの組み合わせの自由度の高いゲームなので、こういった制限プレイを行うときの工夫の余地がとても大きいのがすごく楽しい。



ちなみに各種のやりこみ系で一番驚いたのが、下記リンクの「レベル1ひとりボス撃破」。


通常の低レベルクリアの最大の難所である、4人いてもとんでもなく辛いビッグブリッジのギルガメッシュ2戦目をレベル1のキャラ一人で倒す方法を見出すまでの過程が書かれている。ダメージ数値や行動順序の計算式まで持ち出して、最終的には90%の高確率で勝てる手法を編み出したそうだ。以前のプレイでレベル5のキャラ4人で戦ったときにも絶望的に感じるほどの強敵だったのに、それをレベル1のたった一人のキャラで戦って勝ってしまうとは、恐ろしい・・・。工夫次第でかなりの無茶ができ、低レベル攻略でも運に頼らない戦術が組み立てられたりするあたりは、FF5は本当に懐の深いゲームだと思う。


さらに、レベル1の一人だけでラスボスまで倒してしまっている。

さらにもしもネオエクスデスを残り一体にまで追い詰めたとしても、そこから真の底力を見せ付けてくれます.今まで倒したネオエクスデスのパーツが残った1体に集まってきたかのように、物理攻撃・真空波・メテオ・アルマゲストを狂ったように連続で使用してくれます.そんなネオエクスデスを


レベル1キャラひとりで倒さなくてはなりません


正直な話、この攻略を始めた当初は「これは無理だろう」と思ってました.あまりに強すぎます.最悪「スリップ攻撃でエクスデスを倒してネオエクスデスを呼び出すことなくエンディングを迎えて形にすればいいか」などと裏技まがいな方法も考えていました.


しかしFF5の優れたバトルシステムはそんな差をもカバーする柔軟さを備えていました.データを分析し、試行錯誤をくり返し、アイディアを突き詰めていった先に見えてきたものは「このプレイ条件でも、現実的な時間で、100%に近い確率で勝つことのできる戦術」でした.すげーよ(素).


で、FF5を買ってしまうと、きっと以前中途半端で終わってしまっている低レベルクリアに挑戦したくなってしまうだろうなぁ、と思って、買おうかどうしようかずっと迷っていた。

経験値をもらわない状態でアビリティポイントを稼ぐために延々と「どくろイーター」が逃げるまで分身を張り替えながら耐え続けたり、資金稼ぎのためにアイスソルジャーからミスリルソードを何時間も盗み続けたりなど、やり方もわかっていて時間さえかければ実現可能だとわかっているような不毛としか言いようのないこんな行為にいまさら手を出すのはどう考えても時間のムダでしかない、と、わかっていてもやっぱりやってしまった。この土日は完全にFF5で潰れた。他にやるべきことがある時に遊ぶゲームって、何でこんなに不毛で楽しいんだろう。


10年前と違っていろいろ情報を得ているだけに、攻略面に関してはあまり詰まることなくサクサクと進み、今は低レベル攻略の一番のヤマ場である第2世界のビッグブリッジ前まで来ている。橋の中央で待つギルガメッシュが強すぎ。


ちなみにポケモンは今週も売り切れだった。まぁ、今買ってもどうしようもないのでまた後日でいいか。