Nao_uの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-29

[][][]洋ゲーいろいろ 洋ゲーいろいろ - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 洋ゲーいろいろ - Nao_uの日記 洋ゲーいろいろ - Nao_uの日記 のブックマークコメント

久々に海外のゲームをプレイ。

  • Saints Row
  • Just Cause
  • Pray

の3本。

Saints Row Saints Row - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Saints Row - Nao_uの日記 Saints Row - Nao_uの日記 のブックマークコメント

まんまGTAをXbox360で作ったらこうなりました、というゲーム。

プレイ感覚もほぼ同じ。かなりよくできてはいるが、さすがに新鮮さには欠ける。


GTA3の時には北米版本体ごと購入してかなり長い期間遊んでいたけれど、Vice Cityの時点でもなんとなくマンネリ化しはじめてたりしてたので、同じことを繰り返してる感の強いこのゲームもあまり個人的な印象は良くない。

GTAと比べると、警察がすぐに諦めるので悪いことをしたときのリスクが減っていたりするのも、腑に落ちない感覚がある。ストレスは減ってるんだけど。



Just Cause Just Cause - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Just Cause - Nao_uの日記 Just Cause - Nao_uの日記 のブックマークコメント

GTA風のスパイ(?)アクションゲーム。

今までに類を見ないほどに広大で美麗なフィールドの中で繰り広げられる、落下中ならどこででも開けるパラシュートと、乗り物に引っ掛けられるワイヤーショットを駆使した派手なアクションがウリのゲーム。

パラシュート降下で大空を移動しながら、ワイヤーを引っ掛けて飛行機やヘリまでハイジャックできてしまうのは新しい。かなり爽快。


(リンク先に飛んでも動画が見られないときには、右クリックで保存を選べばダウンロードできるかも。)


ついでに公式の動画も。こちらは見せ方があまり上手くないような・・・。



ものすごく広いフィールドを扱っているにしては、映像は驚くほど綺麗。LODの使い方が非常にうまくて違和感が無い。中南米の熱帯風の島が舞台で、抜けるような青空の下で綺麗な海に浮かぶ島影が、遥か彼方まで見渡せる。乗り物も結構スピード感があるので、適当に走り回っているだけでもわりと楽しい。


25Km先まで見通せるフライトシミュレーターのような光景の、はるか上空の雲海の上からスカイダイビングで降下し、少しづつ大きくなる島影から通常のGTA風スケールの地面に降りるまでが完全にシームレスに繋がる有様は圧巻。遠景マニアにはたまらないデキ。


ただ、上記リンクでも触れられているようにゲーム性はやや薄いため、そういった面に期待している人は案外飽きるのが早いのかも。とはいえ、その分気軽に遊べるという良い面もあるし、技術的にもアクション的にもセンスの光る部分が多くて久々に「買ってよかった」と思えるような新鮮な驚きがあった。オススメ。


追記:

さっきヘリを入手した。これはヤバい。降りれば人が歩いているところまで拡大できるのに、上空からの眺めは自分が今までに見たどんなフライトシミュレータよりも綺麗。夜明け時に水平線の彼方から日が昇る瞬間の光景とかがもうたまらない。あと、世界広すぎ。ヘリに乗っても世界の果てまで行く気が起こらないほど広い。どう考えても人間が手で作れる限界は超えてるんだけど、自動生成にしてはクオリティがめっちゃ高すぎるような。どうやって作ってるんだろう・・・。

まさに、Google Earthの世界でゲームをやってる気分。もう1世代先の、あと5年くらいしないと見られないと思っていたものがいま手元のあるのが驚き。ちょっとこれは、いろいろと考えを改めないといけないような。


Pray Pray - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Pray - Nao_uの日記 Pray - Nao_uの日記 のブックマークコメント

これだけは借り物。どこでもドアやひっくり返っても歩ける足場と幽体離脱が特徴の、バイオレンス&ホラー系FPS。雰囲気の似ているDOOM3よりは随分良くできているようには思う。クオリティは高い。


バイオレンス描写が激しく、暗くて狭い中を進む個人的にあんまり好きなタイプのゲームではないのだけど、かなり売れているらしい。


ずいぶん景気の良い話で。海の向こうでは、まだこういうFPSの需要がたくさんあるんだなぁ・・・。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20061029