Nao_uの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-05

ファミコン版Wizardry移植時の話 ファミコン版Wizardry移植時の話 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファミコン版Wizardry移植時の話 - Nao_uの日記 ファミコン版Wizardry移植時の話 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

686 名前: イラストに騙された名無しさん 投稿日: 03/02/19 09:35

>>685

記憶だと

Wizardryのオリジナルプログラムはpascal言語で書いてあって

OS自体もWizardryオリジナルのもの。

他のPCへの移植にあたっては、そのPCのDOS上でWIZ-DOSをエミュレートさせた上で

WIzのプログラムを走らせるという手法をとってたわけ。


でアスキーがファミコンへのWizardry移植を企画したんだけど

サーテックとの版権とかの絡みで、契約条件があまりよくなくて

ゲームスタジオとかにも引き合いきたんだけど遠藤も断ろうと思ってたんだと。

そのうえWizのオリジナルプログラマーのアンドリューかロバートが

「パスカルの動かないマシン=ファミコンでは、Wizardryのプログラムは移植できないよ。」

と言ってたらしいんだな。


それを聞いてゲームスタジオのプログラマさんが憤慨。

「どんな言語で書いてあろうと、マシン語で動いてるものが移植できないわけがないだろ!」

ってんでゲームスタジオが移植を引き受ける事になったんだと。


で結果として、世界最速の操作系を持ったファミコン版Wizardryが誕生したってわけ。

その出来にアンドリューも脱帽、「数あるWizの中で一番のお気に入りは?」というインタビューで

「ファミコン版だよ。」と答えた(リップサービスもあっただろうが)って話。

まあ、末弥氏のモンスターデザインのカッコよさも一役買ってたみたいだけど。


ゲームスタジオの底力について。 ゲームスタジオの底力について。 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ゲームスタジオの底力について。 - Nao_uの日記 ゲームスタジオの底力について。 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

ところでFC版「3」の出来は物凄かった。いや、マジで。


あのバランス感覚のどこからどこまでが移植スタッフの手によるものだったのか、私は家庭用しかやったことがないからよく知らないのだが、「ファミコン版のWizardryは出来がいい」という評価の5割くらいは「3」が占めているのではあるまいか。


「Wizardry」が本来もっている理不尽性(これも味なのだが)をある程度ラッピングして、序盤からのスーパーハードな展開をスムースコート程度に多少軟化。ユーザーを引き込みつつ、後半はザクザクと生の「Wizardry」を詰め込む。慣れた頃に程よく出てくる強力なアイテム達と、マイルフィックやフラック、サイデルだのアイアンジャイアントだの、とにかく山の様に出てくる終盤の強力な敵たち。どれだけ強くなっても地下6階の探索には常に死の危険が伴ったし(ポイズンジャイアントの大軍に先制攻撃されたりとか)、一方でどかっと経験値を稼ぐ楽しみも味わえた。ありとあらゆるWizardryの楽しみを内包したFC版「3」は、確かに家庭用業界におけるWizardryの、一つの完成形だったのである。


音楽やグラフィックについても言うに及ばない、とは思うが、私は実はシリーズを通してこの「3」の音楽が一番好きだったりもする。特にオープニングの重厚な曲調から、訓練場やギルガメッシュの酒場などのライトな曲調への移行などは今でも耳に残る。元来PC版WizardryにはBGMがなく、移植の際に「音つきなど邪道」と考える原作スタッフがいたが、FC版のあまりの出来に降参せざるを得なかった、などという話も聞く。長いゲームの間ずっと聴き続けても飽きることのない、まさに「必要十分」なBGMの典型だったと言っていいだろう。


GB版 Winzardry 外伝II -古代皇帝の呪い-に関する、よもやま話 GB版 Winzardry 外伝II -古代皇帝の呪い-に関する、よもやま話 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - GB版 Winzardry 外伝II -古代皇帝の呪い-に関する、よもやま話 - Nao_uの日記 GB版 Winzardry 外伝II -古代皇帝の呪い-に関する、よもやま話 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

外伝IIの終盤に至るまでの絶妙なゲームバランスはとても印象深い。あれがこんな苦労の末に作られたものだったとは。ワイヤーフレームの黄泉の世界はほんとに怖かった。それと比べると外伝IIIは・・・。


現代に蘇る80年代の“想像力”「末弥純画集 ウィザードリィ」 現代に蘇る80年代の“想像力”「末弥純画集 ウィザードリィ」 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現代に蘇る80年代の“想像力”「末弥純画集 ウィザードリィ」 - Nao_uの日記 現代に蘇る80年代の“想像力”「末弥純画集 ウィザードリィ」 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

発売当初、本屋でサイン入りの限定本が残り1冊だったのをみつけて衝動的に購入。


得物屋24時間 Wizardry モンスターリスト 得物屋24時間 Wizardry モンスターリスト - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 得物屋24時間 Wizardry モンスターリスト - Nao_uの日記 得物屋24時間 Wizardry モンスターリスト - Nao_uの日記 のブックマークコメント

全機種全バージョンのドット絵が。

バグバグ2007/06/06 12:58実はWizをまともに遊んだのはGBAで最初に出た奴だけだったりする私…。
3Dダンジョンものにアレルギーがあるかのように避けてきたのだけど、なかなか面白かったと記憶してますわ。
PS2かNDSでも出ているなら、ちょっと買ってみようかな?Wiz初心者でも楽しめそうなのって、あります?

Nao_uNao_u2007/06/07 00:28初代GBの外伝Ⅰ・Ⅱは遊びやすく、バランスも良くてオススメですが、残念ながらDSでは動かないんですよね。また、GBCで出ていたエンパイアはバグが多数あるので手を出さない方が無難かと。それ以降のシリーズはプレイしていない、PS2やDSで遊べるものについては申し訳ないですがあまり詳しくないです。

携帯電話で遊べるOriginalシリーズは、携帯向けにシステムがやや簡略化されていましたが、その分遊びやすくて良かったです。
http://www.success-corp.co.jp/keitai/docomo/wizardry_original3/index.shtml

あと、検索していて見つけたのですが、同じくモバイル&ゲームスタジオ制作の「ネザードメイン」というゲームは外伝1&2をリメイクしたものになっているようです。詳しくは翌日の日記で。

とおりすがりとおりすがり2007/06/08 18:20昨日FC版の作曲をされた羽田氏が亡くなれましたね・・・
私もCD買うぐらい3が好きでした。

Nao_uNao_u2007/06/08 23:02本当に惜しい人を亡くしたものです・・・。

WizのBGMは、開発段階で世界的名作の移植時に音楽を追加するにあたって、「ドラクエといえばすぎやまこういち氏、Wizといえば羽田健太郎氏」と言われるくらいになればいいな、と考えて氏に依頼されたそうで。FC版Wizの重厚な雰囲気を支える素晴らしい曲でしたよね。今でもたまに仕事のBGMに聴いています。

MM2007/06/09 01:11wizを初めてプレイしたのは...アクションが程度しかしてなかった一桁年齢の時にFC版の3を..
従兄弟が所有していた物でしたが...オートセーブとは知らずにプレイ...従兄弟が苦悶してました。当時は苦悶してた理由もゲームの内容も良く分かりませんでした(汗
その数年後にそのソフトを貰いプレイしました。
その後PS版など色々やりましたが面白いと思える物は意外に少ないですね。
やはりFC版3は別格だったなぁと
それでもこの様な潜って行ってアイテムを漁る様なゲームが大好きです。

Nao_uNao_u2007/06/10 21:38自分も初めてWizをプレイしたのは小学生の頃でした。ゲームの仕組みがわかるまでに5パーティくらいが迷宮の藻屑と消えたのを覚えています。
当時は、箱に記載された年齢制限や、「生存者は○○の経験値を得た」みたいな無常な台詞に痺れました。本当に思い出深いゲームです。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20070605