Nao_uの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2020-01-04

M5Stackを分解したり電源を入れてみて、いろいろ思ったこと M5Stackを分解したり電源を入れてみて、いろいろ思ったこと - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - M5Stackを分解したり電源を入れてみて、いろいろ思ったこと - Nao_uの日記 M5Stackを分解したり電源を入れてみて、いろいろ思ったこと - Nao_uの日記 のブックマークコメント

https://www.mgo-tec.com/blog-entry-m5stack-initial-operation.html

Arduino IDEのビルドを速くする|オブジェクトファイルの出力先を固定する Arduino IDEのビルドを速くする|オブジェクトファイルの出力先を固定する - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Arduino IDEのビルドを速くする|オブジェクトファイルの出力先を固定する - Nao_uの日記 Arduino IDEのビルドを速くする|オブジェクトファイルの出力先を固定する - Nao_uの日記 のブックマークコメント

PACMAN with M5STACK PACMAN with M5STACK - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - PACMAN with M5STACK - Nao_uの日記 PACMAN with M5STACK - Nao_uの日記 のブックマークコメント

Gameboy Panel は ATmega328P で構成され I2C で通信しています。

アドレスは 0x88 です。

サンプル(faces_joystick)ではなぜか#define FACE_JOY_ADDR 0x5e で定義されていてそのままでは動かず、0x88にしたら動いた

…と思ったけど、なんかそもそも別のサンプルっぽい?アナログを取ってる気配が。


#include <M5Stack.h>

#define FACE_JOY_ADDR 0x88

#define KEY_U   0x01
#define KEY_D   0x02
#define KEY_L   0x04
#define KEY_R   0x08
#define KEY_A   0x10
#define KEY_B   0x20
#define KEY_SL  0x40
#define KEY_ST  0x80

char strBuf[100];

int cnt=0;
void setup() {
  randomSeed(analogRead(0));
  Serial.begin(115200);
  M5.begin();
  Wire.begin();
  M5.Lcd.fillScreen(TFT_BLACK);
  pinMode(5, INPUT_PULLUP);
  delay(100);
    
  M5.Lcd.setTextFont(2);
}

uint8_t key_val;
void loop() {
  M5.Lcd.fillScreen(TFT_BLACK);
  if(digitalRead(5) == LOW) {
      cnt++;
      Wire.requestFrom(0X88, 1);         // request 1 byte from keyboard
      while (Wire.available()) { 
        key_val = Wire.read();   // receive a byte as character
        key_val ^= 0xff;
    }
  }
  M5.Lcd.setCursor(50, 50);

  sprintf(strBuf, "kay_val : %x cnt : %d\n", key_val, cnt);
  M5.Lcd.print(strBuf);

  if( key_val & KEY_U ) M5.Lcd.print("UP    ");
  if( key_val & KEY_D ) M5.Lcd.print("DOWN  ");
  if( key_val & KEY_L ) M5.Lcd.print("LEFT  ");
  if( key_val & KEY_R ) M5.Lcd.print("RIGHT ");
  if( key_val & KEY_A ) M5.Lcd.print("A ");
  if( key_val & KEY_B ) M5.Lcd.print("B ");
  if( key_val & KEY_SL ) M5.Lcd.print("SL ");
  if( key_val & KEY_ST ) M5.Lcd.print("ST ");
    
    delay(1);

}

M5Stack の液晶ディスプレイ ILI9341 をちょっと解明してみた M5Stack の液晶ディスプレイ ILI9341 をちょっと解明してみた - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - M5Stack の液晶ディスプレイ ILI9341 をちょっと解明してみた - Nao_uの日記 M5Stack の液晶ディスプレイ ILI9341 をちょっと解明してみた - Nao_uの日記 のブックマークコメント


M5StackでGrove超音波距離センサの値を画面表示 M5StackでGrove超音波距離センサの値を画面表示 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - M5StackでGrove超音波距離センサの値を画面表示 - Nao_uの日記 M5StackでGrove超音波距離センサの値を画面表示 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

元のサンプルは9600だったが、Serial.begin(115200) にしないといけないらしい。

#include "Ultrasonic.h"
#include <M5Stack.h>

Ultrasonic ultrasonic(22);

void setup()
{
  M5.begin();
  Serial.begin(115200);

  delay(500);

  M5.Lcd.setTextFont(2);
  M5.Lcd.setCursor(10, 10);


}
void loop()
{
  long RangeInCentimeters;

  Serial.println("The distance to obstacles in front is: ");

  RangeInCentimeters = ultrasonic.MeasureInCentimeters(); // two measurements should keep an interval

  M5.Lcd.clear();

  M5.Lcd.setCursor(10, 10);
  M5.Lcd.setTextColor(YELLOW);
  M5.Lcd.setTextSize(2);
  M5.Lcd.printf("Ultrasonic distance\n");

  M5.Lcd.setCursor(50, 50);
  M5.Lcd.setTextColor(YELLOW);
  M5.Lcd.setTextSize(2);
  M5.Lcd.printf("%d cm\n", RangeInCentimeters);
  delay(16);

  Serial.print(RangeInCentimeters);//0~400cm
  Serial.println(" cm");

  M5.update();
}

M5Stackでストップウォッチを作る M5Stackでストップウォッチを作る - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - M5Stackでストップウォッチを作る - Nao_uの日記 M5Stackでストップウォッチを作る - Nao_uの日記 のブックマークコメント

https://qiita.com/zasshyu6/items/c0bd9bb592192b3c80e7

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20200104