Nao_uの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-22

桶谷式2回目 桶谷式2回目 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 桶谷式2回目 - Nao_uの日記 桶谷式2回目 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

今日の桶谷式のマッサージも効果があったようだった。

奥さん曰く、「マッサージしてくれる手が神の手に見えるくらい。あれがもし宗教の教祖だったら信者になる人もいそう」とのこと。


マッサージの費用は初回が5000円で、二回目以降は一回3000円。

初回の時は土曜日は昼12時までしか診療してないんだけど、緊急であればということで12時過ぎても見てもらえて、午後にも人がたくさん来て結局夕方くらいまでかかったようだった。今回もかなりの人数の乳児を抱えた母親が来ていて、先生は朝から晩まで食事もとらずに休みなくマッサージし続けているらしく、それはそれでとても大変そう。母乳にトラブルを抱える母親の駆け込み寺みたいな感じなんだろうか。


今回もやはり体重はあまり増えてなかったんだけど、桶谷式の先生曰く、「母乳が以前より出るようになってるので心配ない。病院では毎日20〜30g増えてないとダメだと言われるが、心配せず母乳中心でいけばよい」とのアドバイスだった。いまは母乳が順当に出るようになることのほうが大事なので、この時期にミルクをあげるべきではない、という雰囲気。

病院の指導がミルクに偏りすぎなのか、桶谷式が母乳に偏りすぎなのか判別がつかない。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170322

2017-03-21

アドバイス アドバイス - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アドバイス - Nao_uの日記 アドバイス - Nao_uの日記 のブックマークコメント

2人の子供がいる奥さんのお姉さんが遊びに来て、いろいろアドバイスをもらった。概ね考えていた通りやっていれば良さそうでちょっと安心した。経験を基にしたアドバイスは具体的でとても助かる。


ミルクの頻度が減ったので自分の負担は減ったけど、奥さんは乳腺炎で食べるものが大幅に制限されて食事に困ることに。米と野菜を中心とした和食が必要らしく、パンやカレー・パスタとか油や乳製品を含むものは軒並みダメで、僕が簡単に用意できる食事はほとんどアウト。しばらくは豆腐と納豆を中心とした食生活になるけど、早くも飽きてきたとのこと。困った。いまのところは適当に野菜を煮たものを用意して凌いでるけど、無添加の昆布とかパックの冷蔵で長持ちする白身魚の煮付けとかうどんとか、食べても大丈夫なものを調べてバリエーションを増やさないと。


桶谷式の先生からは「あまりミルクを足すな」との指示があったようで、ここ数日は母乳メインでミルクの頻度は大幅に減少。僕自身は夜中にミルクを作りに起きる必要がなくなったので睡眠時間は確保しやすくなったけど、赤ちゃんのほうは常に空腹で泣きつづけてるいてる気がして体重が増えてないのがちょっと心配で、もうちょっとミルクを足したほうが…と。


ミルクを豊富にあげてたときには飲んだ直後に大抵満腹で飲み終わることにはうとうとしてすぐに寝てくれてたんだけど、最近は母乳をあげた直後でも抱っこしたままかなりの時間をかけてゆっくり揺らしながら歩き続けて、ようやく寝たかな?と思ってそ〜っとベッドに寝かそうとしたらまた泣いて、というのを延々と繰り返してる感じ。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170321

2017-03-19

オープンワールドとは何なのか オープンワールドとは何なのか - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - オープンワールドとは何なのか - Nao_uの日記 オープンワールドとは何なのか - Nao_uの日記 のブックマークコメント

以前の仕事でお世話になった先輩と食事しながらお話ししてて、そういえば最近誰かとゲームの話をする機会が激減してるなぁと気づいた。考えたことを言語化する習慣がなくなると考える機会そのものも減っていくし、言語化の質も落ちる。チラシの裏でも何でも外に出して形に残すことは大事だなぁ、と。


規模の小さかった昔と比べてプログラマがゲームデザインに関わる機会は激減してて、ゲームデザインについて考えるけど与えられた仕事の質は低いプログラマよりも、ゲームに興味なく全く遊ばなくても降ってきたタスクを的確にこなせるプログラマの方が頼りになる時代になってきてる気がする。とはいえ、


仕事として自分の関わる世界で起きている変化の流れや歴史的経緯、流行り廃りについて考えておくことはまったく無駄ではないし、過去の経緯や現状を知らないと次にどういう方向に向かうかを予測することも難しくなるし、言語化の習慣がなくなると考えを整理することもどんどん下手になってきてる気が。


『「Horizon Zero Dawn」レビュー。研ぎ澄まされた「狩り」と、つまづく「人」』 『「Horizon Zero Dawn」レビュー。研ぎ澄まされた「狩り」と、つまづく「人」』 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『「Horizon Zero Dawn」レビュー。研ぎ澄まされた「狩り」と、つまづく「人」』 - Nao_uの日記 『「Horizon Zero Dawn」レビュー。研ぎ澄まされた「狩り」と、つまづく「人」』 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

Horizon、ある意味集大成的な作りなので、古典的な意味での「オープンワールドらしさ」の構成要素について考えるにはおもしろい材料だだぁと思った


「細かい部分のゲームシステムは、先人達が成功したありとあらゆる3Dオープンワールドゲームの要素を丁寧に模倣している部分が散見される」「そのせいでゲーム進行におけるプレイの感覚がありがちなものになっている部分も否定はできないがその「既視感」をどう評価するかは好みによるだろう」


オープンワールドの共通項として「マーカーに向かって進めばゲームが進む」というのがGTA以来の伝統で、「マップが広すぎてどこにいっていいかわからない」問題を確実に解決する手法として、ほぼ全てのゲームに取り入れられている。とはいえ、迷わないというメリットと引き換えに失われるものも多い


Horizonも例に漏れずだけど、「マーカーだけみて背景を見なくなる」という問題がすごく顕著に出てた気がする。特に屋内マップはその傾向が顕著で、せっかく作り込まれた建物内部の絵を全く見ることがなく、レベルデザインが崩壊するレベルで意味がなくなってたように感じたし、マーカーに頼って絵的な誘導がおそろかになってる部分も散見された


同じ屋内探索でもトリコはマーカー誘導を行わず、プレイヤー自身が周囲を調べて怪しいところを見つけるのと対称的な作り。ただHorizonのゲームデザインでパズル的な探索したいかと言われるとそうでもないのでこれが落とし所といえばそれまでだけど、もう少し別のやり方はあったのかもとは思う


FarCryの偵察で敵をマーキングする要素はステルスゲームに革命をもたらしたと個人的には思ってる。視界外から発見されるのはストレス以外の何物でもないけど、偵察要素があると失敗時に「自分の偵察不足だった」と納得できるし、偵察によるメリットの大きさが面倒くささを上回り、偵察行為自体が楽しみにつながってくる


これもHorizonはうまく取り込んだというよりは、単に背景に溶け込んで見えない人型敵を視認させる手段として使われてて、あまり完成度の高い組み込み方でないように感じた。FarCry3の敵は赤Tシャツを着てたりなど、ジャングル内で不自然に目立つわかりやすいデザインにしてるのが上手い


「塔に登ってマップをアンロック」要素はアサシンが最初だろうか?マップ解放という観点ならもっと前に遡れそうではあるけど「物理的に見晴らしのいい高いところに登ったから見える」という視覚的なインパクトも含めればやっぱりあれが元祖になるのかな。FarCry3はその完成度をさらに高めた


「狩りで素材を剥いでクラフト」の要素もありがちなので遡りにくいけど、オープンワールドの要素として完成度高く組み込んだのはFarCry3になるんだろうか?食事要素のないゲームで野生動物の狩りに意味を持たせる方法としてはとてもうまく機能してる。Horizonもこれを踏襲。



『FarCry 2 噛み合わないシステム、シニカルな物語、物議を醸す迷作』-http://fpsunknown.com/kanso/2009/farcry2.html 『FarCry 2 噛み合わないシステム、シニカルな物語、物議を醸す迷作』-http://fpsunknown.com/kanso/2009/farcry2.html  - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『FarCry 2 噛み合わないシステム、シニカルな物語、物議を醸す迷作』-http://fpsunknown.com/kanso/2009/farcry2.html  - Nao_uの日記 『FarCry 2 噛み合わないシステム、シニカルな物語、物議を醸す迷作』-http://fpsunknown.com/kanso/2009/farcry2.html  - Nao_uの日記 のブックマークコメント

2は光る部分はあるものの全体の完成度が低いタイプのゲームだったのに、その続編でいろんな要素を徹底的に磨き上げて完成度を高めたら化けた、って流れは面白いなぁ、と


「いつものUbisoftのごとく、内容を大袈裟に誇張し、大風呂敷を広げただけの駄作。それがFar Cry 2の第一印象だった。まともに機能していないシステムの残骸、単調極まりないクエストの数々には「またこのパターンか…」とうんざりさせられる。しかし、」


「しかし嫌々ながら遊び続けていくことでFarCry 2の本質が垣間見え、FarCryらしいモチーフを幾つか備えていることを発見し、そこから私の評価は180度変わることになった。海外では企業レビュアーとユーザーレビュアーで大きな溝のあるFarCry 2。その理由は今ならよく分かる」


FarCry2は遊んでないので偵察マーキング要素が2からだったかはわからないけど、少なくとも電波塔のマップ解放とクラフトは3からの導入っぽい。初見からインパクトのある悪役でシナリオを引っ張ったところも含めて、2の荒削りな原石を綺麗に磨き上げたFarCry3の歴史的意義は大きそう


あと「いつものUbiSoft」というフレーズは先日の先輩とお話ししてた時にも出てきて、わりとみんな同じ風に感じてるんだなぁと思った。なんというかうまく言語化しづらいんだけど、UBIのゲームには「独特の面白くなさ」みたいなのが共通項としてあるような気がしてる


個人的な好みの問題だろうけど、アサシン、Watch Dogs、Divisionあたりの主要タイトルは初見のインパクトとプレイ前の想像と継続した時のいまいち感がすごく共通してて、FarCry3もたぶんいつものUBIだろう、と思って遊び始めたらいい意味で裏切られたのが印象に残ってる



3年前にこんなことを書いてたけど、あらためて考えると「オープンワールドってなんだろう?」ってわからなくなってくる



ハイドライドやたけしの挑戦、スーパーモンキー大冒険あたりも改めて考えるとオープンワールドだったと言われるけど、ドラクエはオープンワールドではないと認識されている模様。ドラクエ1の初プレイ時はオープンワールド感があったように感じているけど、この辺りの判断の境目はどこにあるんだろう?


昔「ゲームデザインの寿命は約5年」説を提唱してた事があった。5年な理由は当時のハードの寿命で、新ハードで初めて実現できるようになったデザインは次の世代のゲーム機が出た頃には古臭く感じられ、いずれ寿命を迎える。世代を超えても最先端で居続けられるゲームデザインはごく稀にしか存在しない


同ジャンルのフォロワーが続々と出るような象徴的なゲームデザインでもハードの世代を2つ超えて生き延びているものはほとんどないんだけど、稀有な例外の一つが「オープンワールド」だった。GTA3で定義されてから15年もまだ古くならず、最先端のゲームデザインとして存在している


オープンワールドだけがハードを2世代以上跨いでも現役な理由の現状の自分の回答は「オープンワールドはゲームデザインでなく、コンセプトだから」。コンセプトという言葉でうまく言語化できてるかわからないけど、ゲームデザインより広い範囲のなにかしらの思想みたいなものは古くなってないのかなと


では、オープンワールドに必須の要素は何なのか?現状のオープンワールド作品の共通項としていろんな要素が挙げられるけど、それらは本当に必須なのか?サンドボックスとの違いは?ハイドライドやスーパーモンキー大冒険がオープンワールドだと認識されるけど、どの要素がそう感じられるのか?


Horizonのマップの広さは「意外と狭い」という印象が強く、Shadow of Mordorはそれ以上に狭く感じた。どちらもゲームデザイン的に適切な広さを選ぶとそうなっただけなので狭いことが悪いわけではないけど、オープンワールドの定義に「広さ」が必ず出てくるのでちょっと気になる



ダンジョンマスターは世界の一貫性やシミュレーション性は高いけどオープンワールドと認識されず、2は屋外も歩けるけど印象は変わらない。あの仕組みをそのままSS版のネクサスみたいにマス目を排した自由移動で開けたフィールドに適用すればまたイメージが変わりそうなので、やっぱり広さの問題?


オープンワールドの定義云々じゃなく純粋な興味なんだけど、「これはオープンワールドだ」と感じさせる最小のマップの広さってどのくらいになるんだろう?Shadow of Mordorはかなり狭かったけど、あれくらいでも十分にオープンワールド感はあった。同じシステムでどこまで狭くしたらオープンワールドじゃなくなるのか?


逆にWitcher3あたりは相当広い世界だけど攻略の自由度は低く一本道のシナリオを追うゲームだと感じてて、「オープンワールドだから好きな順で攻略できる」というのも必ずしも必須ではないのかもとか。サイドミッションもよくできてたけど、メインのシナリオの流れが大きすぎてそう感じたのかな


明確な定義はさておき、思考実験として「何を満たすとオープンワールドと感じられて、何を削るとオープンワールドで無くなるのか?」はずっと気になってる

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170319

2017-03-18

乳腺炎と桶谷式マッサージ 乳腺炎と桶谷式マッサージ - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 乳腺炎と桶谷式マッサージ - Nao_uの日記 乳腺炎と桶谷式マッサージ - Nao_uの日記 のブックマークコメント

昨夜、乳腺炎になりかけてるようなので翌朝に病院に行きたいと言われて、緊急で見てもらえる病院を検索。この手の問題は助産院でも対応してもらえるようだった。


乳腺炎の治療には桶谷式の母乳マッサージが劇的に効果があるそうなので、近所の評判のいい桶谷式の助産院に行くことに。普通の病院のマッサージは激痛のわりに効果は薄いが、桶谷式のマッサージは「痛くなくむしろ気持ちいいくらいで、母乳が噴水のように出る」らしい。


実際にマッサージを受けた結果「痛くない」わけではなく、特に乳腺炎になりかけてた箇所はかなりの激痛だったそうなんだけど、マッサージ中に噴水のように母乳が出て、岩のように硬く張っていた乳房が一気に柔らかくなった、とのこと。

ネットで見た口コミをみても本当に効果があるのか半信半疑ではあったけど、少なくともマッサージで乳腺炎が改善するのは確からしい。


「桶谷式の食事制限の指示に従わず脂の多いものを食べたら、翌日のマッサージの時に母乳の匂いでバレて激怒された」みたいな話もあったりして母乳に関する知識と技術は確かなようで、そんな劇的な治療効果がある手業ってにわかに信じがたいところもあったんだけど、目の前で実際に効果を見せられると納得するしかない。



ただ、それほど効果があるマッサージならなぜそれが産婦人科で主流ではないのか?、劇的な変化があるなら副作用もあったりするのでは?と疑問に思っていろいろ調べてみたら、

  • 助産院が「桶谷式」を名乗るには厳しい訓練と審査が必要らしい
  • 母乳至上主義で、強い食事制限や子育ての手法について口うるさく強制する産院も多い
  • 桶谷式の指示に従わないと罵倒されたりすることも

というものらしく、人によっては合わない場合もある、とのこと。

産後の弱っているタイミングで「あなたのおっぱいが悪いから赤ちゃん泣く」「乳児湿疹もおっぱいのせい」「乳腺炎もあなたの食生活が悪いから」「母乳で育てないと子供が犯罪者になる」などときつく言われてノイローゼになった、という事例も。


助産師は医療ではないので民間療法的な要素が強く、人によっては桶谷式のことを「言葉は悪いですけど、母乳信仰の宗教みたいだと思います」と言ってたりもする。幸い最寄りの桶谷式はそんな厳しいところではないようだけど、明確な正解のあるわけではない民間療法の世界ってとても不思議な。


それにしても調べれば調べるほど、それぞれの人がそれぞれの立場でそれぞれ好き勝手な主張をしているので何が正しいのか判断に困ることが多い。とりあえずは色々な人が共通で言っている筋の通っていそうなことを掻い摘んで役立てる感じか。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170318

2017-03-17

方針変更 方針変更 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 方針変更 - Nao_uの日記 方針変更 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

検診が終わってから色々調べた結果、ひとまずは基本的には赤ちゃんが欲しがるたびに母乳をあげる方針で良さそうだけど、2時間に一回の授乳だと、授乳+オムツ変え+寝かしつけなどで1時間近くかかったときには休めるインターバルは1時間くらいになって今以上に睡眠時間は減る。


仕事に復帰してから、帰宅→オムツ替え+ミルク→自分たちの夕食→沐浴→夕食の片付け→自分たちの入浴→ミルク、という一連の流れをこなすともう寝る時間。これまでもギリギリ回してたような状態なのに、赤ちゃんのお尻がかぶれ始めたり、奥さんが調子を悪くしたりといった不定要素が入り始めてて今後が少し不安に。


ひとまずミルクの量や体重については、この時期に多少の増減があっても後への影響はあまりない気配なので、一ヶ月検診まで様子を見つつ適当にやってみる、というのが良さそうか。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170317

2017-03-15

2週間検診 2週間検診 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2週間検診 - Nao_uの日記 2週間検診 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

一週間前の検診で「ミルクが足りなくて体重が増えてない。毎日500mlを目安に」と教えられたのでそれを目標になるべくたくさん飲ませるようにしてたら、今日の検診では「ミルクが多すぎるので体重が増えすぎてる」と言われた。460mlの日とかもあったので、またちょっと足りてないくらいかと思ってた。


先週たくさん飲ませろと言われたときに飲ませすぎが心配だったので大丈夫か確認したら、「飲み過ぎてもミルクを吐くくらいでそれ以上問題は起きない」と言われたけど、今日の医師は「ミルクを飲ませすぎると胃が大きくなって肥満になる」と。念のために1日にあげる量の目安を確認してもはっきりした数字では教えてくれなくて、「ミルクは減らしてとにかく高頻度に母乳をあげろ」というのが今日の指示。減らせということだけどどのくらい減らすのかの加減がわからないので、その指示を守ろうとして次回にまた体重が増えてない、とかならないか不安。


今日の医師は「もし一ヶ月以内に母乳の量が増えなければ、もうそれ以降はそのまま変わらないぞ」みたいなことも言ってた。そういうものなのか。助産師さんも人によっていうことが少しづつ違ってるうえに、たまにそれぞれが矛盾したことを言ってたりもするので何をどのくらい信じていいかわからなくなってくる。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170315

2017-03-14

サイクルの安定 サイクルの安定 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - サイクルの安定 - Nao_uの日記 サイクルの安定 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

日々のサイクルはだいぶ安定してきた。

夜行性なのか夜中のほうが元気で、昼間はお腹がいっぱいになったらすぐ寝てくれるのに夜はずっと動き続けながらミルクを要求してくる。

お腹が減ってるときには一気に飲んでくれることもあるが、最近は20ccごとくらいにげっぷ要求がくるので後どのくらい飲めるのかを見極めながら飲ませるとそれなりに時間はかかるものの、それでも満腹になれば寝てくれるため、不定要素がかなり減って精神的に楽になってきた。


あと、しゃっくりがではじめると満足のサインっぽい。引きつけを起こしたのかと思うくらいに全身が震えるので最初は驚いたが、本人はむしろ気持ちよさそうに見える。どういうメカニズムなんだろう

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170314

2017-03-13

iPadと紙の利便性 iPadと紙の利便性 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - iPadと紙の利便性 - Nao_uの日記 iPadと紙の利便性 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

母乳/ミルクの時間と量の記録はとても重要。

眠気で頭が働かないので、次の食事時間やミルク作成量はログをみて判断しないとすぐにわからなくなる。


ミルクの時間や飲んだ量を管理できるiPhoneアプリがいろいろあるようだったので、生まれる前はそういうのを使ったほうが便利だろうと思ってたんだけど、現状では結果として病院でもらった紙の育児ノートに記録しつづけてる。


紙のノートはベッドの上に放り出しても問題ないし、開けばすぐ履歴を確認できる。iPadは紙より丁寧に扱わなくてはならないし、病院などへの持ち運びも不便。

いちいちアプリを立ち上げるより紙のほうが閲覧も記入も楽だし、ページをめくるのも容易で一覧性も高く、記入の自由度も高い。結果として、もともと大した情報量じゃないので、iPadより紙のほうが利便性が高い、という状態に。技術の敗北

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170313

2017-03-09

不信 不信 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 不信 - Nao_uの日記 不信 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

連続してミルクを要求してきたのでちょっと飲みすぎかも?と思って少し薄く作ったミルクをあげたら、いつもならむしゃぶりついて無心に飲むところが、哺乳瓶を咥えた途端にあからさまに嫌な顔をして飲まなくなった。新しく標準濃度のミルクを作り直してあげても全く飲んでくれない。

そのあともしばらく眉間ににしわを寄せながら、心から信じていたものに突然裏切られた!というようなすごい不信そうな表情でこちらをずっと見ていた。これは悪いことをした…


助産師の授乳指導で病院に行っていろいろ説明を受ける。

体重の増加が少なすぎるという指摘があり、毎回言われていた標準量よりも多めにミルクをあげていたのでちょっと多すぎかな?くらいに思っていたが、授乳間隔が空きすぎていて1日合計の所要量が足りていないとの指摘が。だから一回あたりの量が増えてたのか…。


3時間間隔の授乳のはずが、あげ始めてから気が付いたら1時間半経っていることもあり、結果として飲み始めからの間隔が4時間以上間隔が空くことも多くなっていて回数が足りていないのが原因。1日トータルの授乳量もちゃんと見ておくべきだった。


帰りのタクシーで周りをキョロキョロ見てる。まだ外の世界はあまり見たことがない。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170309

2017-03-08

一週間 一週間 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一週間 - Nao_uの日記 一週間 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

今日で一週間。食事のサイクルも安定してきたので、あとは自分たちの睡眠不足さえ解消できればルーチンワーク的に継続可能になってきた雰囲気。名前も決まったので出生届を出してきた。これで戸籍もできた。


生まれてしばらくはランダムに首と目を動かすことしかできなかったのに、昨日あたりから顔認識と視線追従機能が追加された模様で、こちらの顔を追いかけてくれるようになった。一週間でけっこう変わるものだなぁ、と。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170308

2017-03-07

泣く原因 泣く原因 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 泣く原因 - Nao_uの日記 泣く原因 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

泣く原因のほとんどはげっぷ待ちかミルクが足りないかのどちらかに集約されつつある。

げっぷ待ちの時は、額にしわを寄せて吐きそうな動作をする。

ミルク不足の時は、持ち上げると一瞬泣き止んで、口をぱくぱくさせながら手足を動かすのでだいたい識別可能。

ミルク不足かどうかの判断が難しい。他の要因を全て潰したのに泣き続けてて、さっきあげたばかりなのに…、こんなに飲ませて大丈夫なのか?と思うことも多かったが、ミルクを連続であげた時の記録を見返すと母乳をあげてオムツを替えてミルクをあげてオムツを替えて、とやってたら開始時から気がついたら3時間近くたってて次のサイクルに入っただけ、ということが多いことに気づいた。この辺はちゃんとログを残して見返す意味がありそう。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170307

2017-03-06

退院 退院 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 退院 - Nao_uの日記 退院 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

今朝赤ちゃんが退院したので一緒に帰宅。泣いてる時の原因究明と対策のフローチャートは少しづつ固まってきたけど、食事・排泄の履歴や泣いてる時の挙動から、ディープラーニングで原因を解析してくれるプログラムが欲しい…。Webカメラでベッドを録画したらあとは全自動で、とかできないものか

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170306

2017-03-05

風呂 風呂 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 風呂 - Nao_uの日記 風呂 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

沐浴指導があった。手順はなんとなく覚えたが、手を滑らせて溺れさせそうで怖い。慣れるしかないか。

ミルクやおむつ替えは思ってたよりも難しくはなかったのでなんとかなりそう。飲む量がいまいちよくわからなくて、規定量あげてもまだ不足することが多い気がする。よく考えたらお腹の中に予定日よりも10日多くいたんだから、その分だけ標準よりもたくさん飲んでも不思議ではないか。

それよりげっぷが難しい。出したと思ってもまだ不足してたり、時間差で泣き出すこともあって不明点が多くて安定しない…

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170305

2017-03-03

入院 入院 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 入院 - Nao_uの日記 入院 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

奥さんが動けないので病院に一緒に泊まり込み。奥さんは一番安い部屋を希望してたが空き部屋がなくて追加料金でベッド2つ+シャワーとトイレ付きの部屋に入れられたが、結果オーライだった。5日間の入院になってて、ちょっとホテル住まい気分。奥さんはそれどころではないが。


泣く原因がわからなくて難儀してる。ミルク、げっぷ、オムツの全てがクリアな状態で泣いてて何だろう?と色々試してたら、くしゃみした途端にケロリと真顔に戻ったこともあった。そんなのもあるのか。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170303

2017-03-02

翌日 翌日 - Nao_uの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 翌日 - Nao_uの日記 翌日 - Nao_uの日記 のブックマークコメント

翌日は奥さんはまだ少し朦朧としてほとんど動けず。普通なら2〜3日続く麻酔をかけるところが緊急帝王切開になったために専門の麻酔医がおらず、簡易的なすぐ切れる麻酔で手術したために痛みが強いらしい。

午後に赤ちゃんが少しだけ部屋に来たが、すぐに連れ戻された。


お産が進まないままにお腹の中に長い間いると胎盤の機能が落ちて酸素不足になった時に、胎便が出て羊水が濁ることがあるらしい。それが肺に入ると呼吸がうまくいかず、赤ちゃんが衰弱するそうだ。

予定日を10日すぎても出産の兆候が見られなかったので、二週間を過ぎて胎盤の機能が落ちる前にバルーンからはじめて誘発剤を使う予定だった。

その途中で胎便がでて赤ちゃんが弱ったので緊急帝王切開、という流れだが、どちらも放っておくと母子ともに命に関わる自体に繋がりかねないところをある程度安全に出産できるような流れが確立しているのはすごいなぁ、と思った。

現代医学ってほんと素晴らしい。

トラックバック - http://game.g.hatena.ne.jp/Nao_u/20170302