積みゲー処理日記

2009-06-17Pandemic

[][]Pandemic英語23:27 Pandemic英語版 - 積みゲー処理日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Pandemic英語版 - 積みゲー処理日記

id:Nao_u氏の所で見かけて以来気になっていたのだけれども、

その後ボードゲーム会などで何度か遊ぶ機会があり、それ以降すっかり気に入ってしまった。

7月に発売予定の日本語版をまだかまだかと待ち望んでいた所、ヤフオクをちょろっとチェックしてたら売ってるじゃない!1人静かに大興奮。しかも即決あり。

元々日本語が必要なカードが少ないゲームなので(役職とスペシャルカードくらい)我慢できずについ先ほどぽちっと購入してしまったしだいであります。

生まれてはじめてのボードゲーム購入。

購入するに至り、6000円でも安いなーと感じたのだけれども、これがi-modeとかLiveArcadeで出てたら1200ゲイツでも高いと思うかもしれない。

というか冷静に考えると6000円てそんなに安くない。

ボードゲームって結構ルール曖昧(ハイパーロボットなんかはバグってるとしか思えない)な所が残ったまま発売されてたりする上に、ルールを実装する必要はなくてプレイヤーに任せてしまうのだから人件費的に考えたらコンピュータゲームを作るよりも圧倒的にローコストなんだよね。

デバッグだって公式に修正ルール発表するだけでよいわけだし。

どう考えてもi-modeで数百円で売ってるゲームの方が手間はかかってるはず。

この辺の金銭感覚の差は不思議だと思う。

普段ゲームバリバリ買う自分ですらi-modeや各種DLCを買うときは躊躇してしまう。

冷静に考えれば昼飯を2食ほどグレード下げるだけで買えるのだから欲しければすぐ買えばいいのだ。

なぜ買わないのか。

性悪説とか性善説とか色々あると思うけど、結局性悪説と決めたら消費者はそれに則って動くだけなんじゃないのか。

つまり最初に携帯ゲームは安い(安くしないと買わない)って決め付けて安くしてしまったが故に安くないと買わなくなってしまうという罠。

携帯ゲーム業界として考えたら無人の野菜販売とかグリコお菓子ボックスなんかは成り立たない筈なんだけど結構うまくいってるわけだし。

世界は何色にも染まる。でも何色か決めるのは自分次第ということだ。

いまからでもi-modeゲームは1本1500円ぐらい、LiveAracadeゲームは1本3000円ぐらいにしてみて販売本数がどう推移するのか見てみたいなぁ。

全部がその価格帯にあるなら高く感じなくなる気がするんだけど。

とか色々考えが発散しつつ夜は更けていくのであった。

Pandemicが届くの楽しみれす!

tattyutattyu2009/06/18 01:24ターゲットの経済状況というのは結構関係あるかもしれないが、だからといってスーファミのゲームが売れなかったわけではないし直接買えるという状況が携帯電話ゲームうりづらい状況を作ってるのかもしれないね。
ここはひとつ親にねだって買ってもらう仕組みを復活させよう。

tattyutattyu2009/06/18 08:28気軽に買うというその行為そのもの自体にユーザーが対価を設定してしまってるのかもしれない。
ユーザーの評価はゲームの中身よりも気軽に買えたコンテンツに満足できたかどうかで高い安い言うんだと思う。
100円で買うことが出来たゲームが面白かった→安い、適正
100円で買ったゲームがつまらなかった→高い
きっと同じゲームが1000円で売ってたとしても同じ結果になるはず。
と思ったがLiveArcadeの体験版があるんだからこの理屈だと馬鹿売れしないとおかしいなw
この理屈だと行為自体に価値を見出してしまうわけだから、体験版はあまり意味がないのかもしれない。